インフルエンザ潜伏期間

インフルエンザ潜伏期間

インフルエンザ

インフルエンザ潜伏期間は大抵、1〜2日ほどです。

潜伏期間は早くて24時間後で、
潜伏期は一般的に短いのが特徴です。

 

しかし、遅い場合もあります。遅ければ4〜5日、
最大では7日後にインフルエンザの症状が現れることがあります。
潜伏期間の長さは、インフルエンザの病原体によって変わるのです。

 

7日後に症状が現れる場合は、新型インフルエンザの
可能性が高いでしょう。インフルエンザ潜伏期間が過ぎると、
悪寒を感じたり、全身に倦怠感が出てきます。鼻や喉などが
乾燥気味になると、インフルエンザの前駆症状が現れた段階ですね。

 

風邪のように咳や鼻水が出ることは少ないですが、
急な高熱(38〜39℃以上)が出れば、間違いなくインフルエンザの発症です。
インフルエンザは潜伏期間でも周りの人に感染させてしまう危険性があります。
発症の1日前にあたる潜伏期には既にその可能性があります。
インフルエンザ発症から3日までが特に感染力が高いですが、
常に注意しておきましょう。また、インフルエンザウイルスに感染したかも…
という心当たりがある場合は、潜伏期間のうちに病院へ行きましょう。
潜伏期間内、つまり発症前に薬を使用することで症状を軽くしたり、
発症を抑えられることもあるからです。