インフルエンザの症状について

インフルエンザ症状

インフルエンザ

インフルエンザ症状は、インフルエンザウイルスに感染し、

潜伏期間を経て現れます。症状の初期は、寒気、
震えといったものです。

 

前駆症状として鼻や喉が乾燥していると感じる場合もあります。
寒気などは発熱の前段階です。インフルエンザは風邪とは違い、
38℃以上の高熱が急激に出ます。症状はそれから頭痛、
倦怠感、関節痛、筋肉痛、喉の痛み、咳、くしゃみ、鼻水、
食欲不振などです。咳は風邪のようには現れない症状で、
インフルエンザにかかっても症状として起きないこともあります。

 

インフルエンザの症状は以上のように、全身症状として強く現れるものです。
また、インフルエンザ症状は病原体・ウイルスがA型、B型、C型で
あるかによって違います。
症状の種類に変化はありませんが、
A型がもっとも症状が重くなりやすく、C型は風邪程度の症状で済む
場合がほとんどです。A型のインフルエンザウイルスは
感染力も強く、パンデミック(大流行)も起こしやすいです。
毎年冬に警戒されるインフルエンザは、A型やB型になります。
新型インフルエンザはいわゆるA型のウイルスから発症します。
症状は今までの季節性インフルエンザの症状に、下痢、嘔吐、腹痛など消化器症状が加わります。