インフルエンザ知恵袋

インフルエンザと風邪の違い

インフルエンザ

インフルエンザと風邪(普通感冒)は、発熱など似た症状が現れますが、

根本的に違う病気です。予防法や治療法もそれぞれ違いますので、
インフルエンザと風邪を勘違いしないようにすることが大事です。

 

違いがどのようなものか、症状から確認してきましょう。
インフルエンザの主な症状は、高熱(38〜39℃以上)、
頭痛、関節痛、筋肉痛などがあります。発症初期には悪寒を感じ、
全身症状、倦怠感が強いのもインフルエンザの特徴です。

 

合併症を引き起こすこともあり、気管支炎、インフルエンザ肺炎、
細菌性脳炎、脳症などがあります。風邪の症状はインフルエンザとは違います。
喉の痛み、鼻水、咳、くしゃみ、微熱(37℃ほど)という症状です。
風のひき始めは鼻咽頭の乾燥やくしゃみの症状が出てきます。
悪寒や全身症状もインフルエンザほど強くなく、合併症はほとんどありません。
インフルエンザと風邪の違いは、流行期にもあります。
インフルエンザは12月〜3月下旬ですが、風邪はそれほど決まった時期はなく、
疲労やストレスが多く体の免疫力が低下している時期にかかりやすいです。
空気の乾燥する冬は体の抵抗力が下がるので、風邪をひきやすいのはそのためです。
また、病原菌にも違いがあります。
エピレ錦糸町店

インフルエンザ種類

インフルエンザ

インフルエンザの種類は、大きく別けて3つあります。

A型、B型、C型に分類され、流行する可能性が高いのは主にA型です。
B型はワクチンの予防接種で防ぐことができ、
C型は感染力が低く、症状も風邪と変わりません。

 

インフルエンザの季節が来た、と毎年警戒されるのはA型インフルエンザです。
新型インフルエンザとして騒がれるのもA型です。
B型とC型の性質は変異しにくく、決まった形のウイルスです。
予防接種や一度の感染で抗体が作られればインフルエンザを発症しない
で済むということです。インフルエンザで一番厄介なA型は、
さらに細かく種類が分かれています。ロシアかぜH1N1、
香港かぜH3N2、人への感染があったとされる鳥インフルエンザのH5N1です。
種類はさまざまで、さらに進化の可能性を秘めているというのが、
インフルエンザウイルスであるA型の特徴です。鳥や豚などを媒介にし、
人へ感染するという経路の中で、動物の持つウイルスなどと結合すると、
凶悪で強力なウイルスに変貌することがあるのです。
インフルエンザウイルスの新型に対する抗体を持っていない人がほとんどなので、
症状は重篤になり、大流行(パンデミック)を引き起こす可能性が高くなります。